【針が合う人、合わない人】

このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも。

指宿市の僻地にある針灸治療、マッサージ、整体の施術所、西山針灸施術所のにしやまです。

 

今回はまた「針灸あるある」について書いてみるんだけど、患者様からよく聞かれるのが、

「針が合う人、合わない人ってのがあるんでしょ?」

ってことね。

たぶん鍼灸院の先生方は絶対される質問だと思う(笑)。

どういう意味かボクにはいまだにわからないんだけど、たぶん鍼治療をすることで針当たりとか副作用が出てきやすい体質があるかどうかって話なのかなって勝手に解釈してる。

 

結論から言うと、

「合う人とか合わない人とかそんなもんない」。

 

針灸で使う針やもぐさ自体は治療のツールとして素晴らしいものだから。

ツボにピンポイントで、しかもダイレクトに効かせられるんだから。

 

だから針という「道具」自体には何の罪もない。

 

要はその道具を運用する術者が患者様に合わせられていないってだけなんだ。

「針が合わない」っていう患者様にとって、「針」が合わないんじゃなくて術者が合わない。

術者が患者様に合わせた針の運用をしていないと。

もちろん我々術者は、患者様の状態を東洋医学的に診察して手に負えないと判断したら病院を紹介するとか、針をしない選択だってある。

基本的に患者様の症状が改善されたらそれが一番なんだから、針がだめならほかの方法や病院を勧めたりするよ。

 

例えば交通事故でむち打ちになってしまい、まだ日にちがそう経過していない状態の患者様が来院したとする。

そんな時に検査やら東洋医学的診察なんかをしないで即首に針したりしない。

もしそれやってしまったら大変だよ。

自律神経障害が出たりしたら目も当てられないないしね。

この例は極端だけど、まあよくあるのが針数が多すぎてぐったりしてしまうってパターン。

肩も腰も足も背中も痛いという患者様の症状をいっぺんに解消しようとしたりするとこうなるのかも。

もちろん術者に悪気はないんだ。

むしろ症状をよくしたい一心。それが裏目に出てしまったっていう。

 

たぶん「針が合わない」と感じた患者様ってこういった針をされたことがあるんじゃないかと思うんだ。

これってけっこうかわいそうなんだよ。

だって自分の症状を改善するための選択肢が減ってるわけだから。

 

ほんとに針やもぐさは素晴らしい治療の道具だから合わない人なんかいない。

合わない症状の時は針治療はしない。そこを見極めて運用する。

 

でも先入観や経験はそう簡単には拭えない。

だから「針が合わない」というふうにご自分で思っている患者様には無理に針灸治療は勧めない。

 

もったないないよね。こういう患者様は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です