【世間の針灸治療に対するイメージについて書いてみた】

このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも。

指宿市の僻地にある針灸治療、マッサージ、整体の施術所、西山針灸施術所のにしやまです。

 

あの、ひとつ先に言っておこうと思うんだけど、「私は〇〇です」みたいなですます体を早速やめようかなと(笑) 。

やっぱり書きにくいし、かたくなって書きたいことの幅が狭くなる気がするから。

この「ですます体」ってゆうリミッターを外してこれから書いていくんでよろしく。

普段話してるように書いていくつもり。

 

そんで、今回の本題。

鍼灸のイメージについて。

よく鍼灸のイメージってアンケートなんかで見るけど、まず「痛そう」ってやつね。

続いて「こわい」がランクイン。

あとたまにあるのが「古くさい」ってやつ。

あと「高そう」ってのもある(笑) 。

 

この鍼灸のイメージの筆頭、「痛そう」ってことだけど、症状がある人ってどこかが痛いわけじゃない?すでに。

その痛みに比べたら全然マシだよね。

むしろ無痛ってくらいだよ。

まぁ術者のスキルの差もあるし、毛穴に入ったら確かに痛いときはあると思うんだ。

それでも注射よりは全然マシだ。

灸は直にすえる方法以外にもいろいろある。

熱くなる前に取り去る方法とか、もぐさと皮膚の間に空間や物を入れて直接すえない方法もある。

 

で、「こわい」ってのは「痛そう」ってイメージも直結してるんだろう。

あとは針が身体の中に入っていくのをイメージしてるんだと思う。

実際にそういった声も聞く。

でも内臓に刺すわけじゃないし、、、まぁこの恐怖心は拭えないよね。

だからボクはそんなイメージを持ってる患者様に無理やり針灸治療はしない。

身体がなおさら緊張するからね。筋肉も精神も。

針灸治療は拷問でも暴力でもショック療法でもない。

だからそうなるなら無理やりはしない。

 

あと「古くさい」ってゆうのは、ハリウッド女優とか日本のタレントの人とか針治療してるのを知ってるのかと思うよ。

洒落てると思うんだよな、むしろ。

ハリウッド女優とかタレントの人が古くさいもんに手を出すかね?

あと、ボクの好きな「北斗の拳」ね。

北斗神拳。

あれって「秘孔」ってツボみたいなのを突いて敵をやっつけるじゃない?

これ相当センセーションだったらしいんだ。

だって銃でも刃物でもレーザービームでもない、秘孔を突いて敵の体内から破壊だよ?

すげーかっこよくない?

ちなみに秘孔なんかないからね(笑) 。

 

最後に「高そう」ってやつ。

高いのは当たり前。

なぜか針灸治療は保険が利かないんだから。

それに免許取るのにかかった時間やスキルを高めるための学習とか、そんなことを加味したら妥当なんだよね。針灸治療の金額は。

あと保険が効く安い施術所に行ってたとして、万が一症状が変わらなければ時間と金の無駄なんだ。

払ってるのは金だけじゃない。時間も払ってる。

だからボクはゆうんだ。

 

「本気で治したい人はご相談ください」って。

【世間の針灸治療に対するイメージについて書いてみた】」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ライフスタイルに針灸を | 指宿市の針灸治療、マッサージ、整体なら西山針灸施術所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です