【落下点、着地点、到達点】

このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも。

指宿市の僻地にある針灸治療、マッサージ、整体の施術所、西山針灸施術所のにしやまです。

 

施術者が患者様に施術するために必ずすることは「検査」です。

この「検査」をしない施術者はいないと思います。

もしいたら神様かデタラメかのどちらかですから。

 

この検査も施術者によっていろいろあります。

徒手検査法、東洋医学の四診(望診、聞診、問診、切診)など種類も内容も様々です。

 

しかし到達点は「患者様の症状の改善」ですから、検査で得られた所見が治療方針になるわけです。

症状の原因を探すために行う検査で得られた異常所見が正常に戻すことが治療です。

ですから検査がなければ治療方針が定められないのでやみくもなものになりますし、それは治療とは言えないものです。

 

検査で得られた情報から施術をしたら、その施術がうまくいったかを確認するために再評価をします。

これがなければ施術者のひとりよがりになってしまうので、必ず再評価をして患者様に術後の効果を確認してもらっています。

この再評価で症状が完全に改善できていない場合は、他に別な原因があるのか、術が充分に足りなかったかが考えられるので、そこでまた再度考えたり別な検査をして施術をします。

それからまた再評価をします。

 

割としつこい施術ですが、できるだけ症状が改善できるところまで施術をしています。

症状がなくなったときの患者様のびっくりしたあの

「あれ?!」

という顔を見ると「しめしめ」とおもいますよ(笑)。

 

もっとたくさんあのびっくり顔を見たいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です