【陰と陽と姿勢と症状】

このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも。

指宿市の僻地にある針灸治療、マッサージ、整体の施術所、西山針灸施術所のにしやまです。

 

よく「骨盤がズレる」というワードを見聞きしますよね?

骨盤が「ズレる」ってどういうことでしょうか?

正常な骨盤の位置とはどのような位置なのでしょうか?

 

「ズレる」とは正常な位置から逸脱しているという意味ですから、正常な骨盤の位置がわからないと「ズレ」の程度もわからないと思います。

 

そこで正常な骨盤の位置ですが、

・ASISとPSISが水平からほんのわずか前傾している

・左右のASIS、PSIS、坐骨結節が水平

といったことが基準です。

 

この状態から逸脱している骨盤の状態を私は骨盤が「ズレている」と判断しています。

 

骨盤の上には上半身、下には下半身がありますが、骨盤のズレは姿勢を変えてしまいます。

それはほんの少しのズレであってもです。

そしてそのズレは腰痛のみに限らず肩こりや首こりや膝痛など様々な症状を出すきっかけになります。

 

ではなぜ骨盤はズレるのでしょうか?

それは左右対称についた筋肉のバランスによります。

身体の使い方や利き側(利き足、利き腕など)などもありますし、お仕事の内容にもよるでしょう。

 

私の施術はまず骨盤の状態の検査です。

この検査で異常があれば、どのような運動器疾患の症状でもまずは骨盤を正常に戻します。

骨盤を正常に戻すといっても、瞬発的に腰をひねって音を鳴らすようなものではなくて、筋肉のバランスを左右対称にしていくものです。

それで自然と戻ります。

 

ちなみに、東洋医学では陰と陽の考えがあります。

すべての物事を陰と陽に分ける考えですが、身体でいうと

・上が陽、下が陰

・左が陽、右が陰

・背中が陽、胸腹が陰

です。

身体の健康状態でいいとされているのは陰と陽のバランスが取れた「平(へい)」という状態です。

つまりニュートラルがいいということです。

 

この骨盤のズレを「平」の状態に戻すことが重要です。

 

骨盤のみならず、各身体部位を「平」にすることで症状を改善していきます。

それは筋肉の作用上拮抗している(反対の作用をする)筋肉どうしの引っ張り合いを解消できるからです。

私の考える「いい姿勢」では筋肉の引っ張り合いがありません。

したがって症状が出ません。

そのいい姿勢とは解剖学的に「平」の状態であることです。

私の施術では患者様の身体を「平」に戻すことを目的にしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です