【身体のデザイン】

どーも。
指宿市の僻地にある針灸治療、マッサージ、整体の施術所、西山針灸施術所のにしやまです。
肩こりだとか腰痛だとか、いわゆる肉体的な身体の痛みや不調をボクたちは「運動器疾患」って呼んでるんだけど、その運動器疾患を引き起こす原因はだいたい骨格にあるんだと思ってるんだ。ボクは。
で、この骨格を崩すのは筋肉だ。
仕事やストレスや身体の癖なんかで筋肉のバランスを崩すと骨格に影響する。
骨格に影響すると別な筋肉に影響する。
そのループがマズイんだと思うわけ。
身体のデザインが崩れてるんだね。
そのループを断ち切るのが運動器疾患の患者様に対してボクがやることなんだと思ってる。
だから解剖学、生理学、運動学はかなりシビアに知ってないといけない。
ドクターと話ができるくらいまで。
ちょっとした骨の部分的な角度やそれによる筋肉の作用、そんなことをマジでマニアックに知らないと鍵が開かない、即ハンズアップになる。
つまり白旗。
治せないってなってしまう。
でも、実はこれが楽しいんだよね。
知らなかったことを知ることが。
で、蓄えた知識が活きたときは。
「へー」って鳴るボタンを連打するくらい(笑) 。
ボクも患者様もおたがいにびっくりする。
そんなふうに蓄えた知識のストックが、施術のときに顔を出すんだ。
例えば患者様がいて、いろいろやっても症状が取れない。
改善はしても症状がゼロにならない。
そんな時に考え直してみるとひらめくことがあるんだ。
稲妻に打たれるみたいに。
それでそのひらめきで施術して症状がゼロになったら、その晩はいい酒が呑める(笑)
そんなこと知識のストックを蓄えてないと無理だ。
とにかく骨格と筋肉の関係は重要で、それによって症状を出すって話。
ある場所に症状が出ても、そこが自発的におかしくなり得ない。原因にならないって話。
読んでくれてありがとう。

【世間の針灸治療に対するイメージについて書いてみた】

どーも。

指宿市の僻地にある針灸治療、マッサージ、整体の施術所、西山針灸施術所のにしやまです。

 

あの、ひとつ先に言っておこうと思うんだけど、「私は〇〇です」みたいなですます体を早速やめようかなと(笑) 。

やっぱり書きにくいし、かたくなって書きたいことの幅が狭くなる気がするから。

この「ですます体」ってゆうリミッターを外してこれから書いていくんでよろしく。

普段話してるように書いていくつもり。

 

そんで、今回の本題。

鍼灸のイメージについて。

よく鍼灸のイメージってアンケートなんかで見るけど、まず「痛そう」ってやつね。

続いて「こわい」がランクイン。

あとたまにあるのが「古くさい」ってやつ。

あと「高そう」ってのもある(笑) 。

 

この鍼灸のイメージの筆頭、「痛そう」ってことだけど、症状がある人ってどこかが痛いわけじゃない?すでに。

その痛みに比べたら全然マシだよね。

むしろ無痛ってくらいだよ。

まぁ術者のスキルの差もあるし、毛穴に入ったら確かに痛いときはあると思うんだ。

それでも注射よりは全然マシだ。

灸は直にすえる方法以外にもいろいろある。

熱くなる前に取り去る方法とか、もぐさと皮膚の間に空間や物を入れて直接すえない方法もある。

 

で、「こわい」ってのは「痛そう」ってイメージも直結してるんだろう。

あとは針が身体の中に入っていくのをイメージしてるんだと思う。

実際にそういった声も聞く。

でも内臓に刺すわけじゃないし、、、まぁこの恐怖心は拭えないよね。

だからボクはそんなイメージを持ってる患者様に無理やり針灸治療はしない。

身体がなおさら緊張するからね。筋肉も精神も。

針灸治療は拷問でも暴力でもショック療法でもない。

だからそうなるなら無理やりはしない。

 

あと「古くさい」ってゆうのは、ハリウッド女優とか日本のタレントの人とか針治療してるのを知ってるのかと思うよ。

洒落てると思うんだよな、むしろ。

ハリウッド女優とかタレントの人が古くさいもんに手を出すかね?

あと、ボクの好きな「北斗の拳」ね。

北斗神拳。

あれって「秘孔」ってツボみたいなのを突いて敵をやっつけるじゃない?

これ相当センセーションだったらしいんだ。

だって銃でも刃物でもレーザービームでもない、秘孔を突いて敵の体内から破壊だよ?

すげーかっこよくない?

ちなみに秘孔なんかないからね(笑) 。

 

最後に「高そう」ってやつ。

高いのは当たり前。

なぜか針灸治療は保険が利かないんだから。

それに免許取るのにかかった時間やスキルを高めるための学習とか、そんなことを加味したら妥当なんだよね。針灸治療の金額は。

あと保険が効く安い施術所に行ってたとして、万が一症状が変わらなければ時間と金の無駄なんだ。

払ってるのは金だけじゃない。時間も払ってる。

だからボクはゆうんだ。

 

「本気で治したい人はご相談ください」って。

【小児はりの副作用の原因】

どーも。

指宿市の僻地にある針灸治療、マッサージ、整体の施術所、西山針灸施術所のにしやまです。

 

私が小さなお子様のいらっしゃる方に小児はりのお話をすると、一瞬顔が引きつった後に

「こどもに針ですか?」

といわれることがあります。

 

小児はりは金属のヘラのようなものや先の丸くなった棒状のものなど、いわゆる小児はり専用の「刺さないはり」で行います。

むしろ刺さないほうがいいです。

小児はりはとにかく短時間でフェザータッチほどの刺激でやさしく行うのが基本です。少なくとも当院では。

 

この「短時間」というのがミソで、

「こんなので本当に効くの?」というくらいがちょうどいいです。

当院の術の時間的目安は0~2歳児のお子様の場合2~3分ですべて終えます。

それ以上はやりすぎだと考えています。

 

あと刺激の質ですがフェザータッチが基本です。

このフェザータッチで皮膚刺激をすることによって幸せホルモンといわれている「オキシトシン」が増えるそうですが、強い刺激は「ストレスホルモン」の放出をまねくようです。

お子様には特に注意深く軽い刺激で行います。

症状がどれだけひどくてもです。

 

ここで「もっとよくなれ!もっとよくなれ!」と長時間、刺激量も多く、また強い刺激でやってしまうと副作用を誘発します。

小児はりの副作用の原因で最も多いのが「やりすぎ」です。

 

小児はりの副作用として嘔吐、発熱、夜泣き、ぐったりする、下痢などがあげられます。

 

私も来院されたお子様の症状をよくしたいという気持ちはもちろんありますが、むしろやりすぎは害になるので落ち着いて短時間に終わらせます。

 

余談ですが、当院ではせっかく来院してくださったのに短時間で術が終わってしまうのも味気ないし申し訳ないしということから、小児はりの術がすんだらお子様を連れてこられた親御さんのお話を聞いたり、育児の相談やお子様の体調に気を付けるべきことなどのお話をしたりします。

 

あとは必要ならばスキンタッチ健康法をレクチャーしたりもします。

小児はりをアレンジした、ご自宅のティースプーンや歯ブラシやドライヤーで簡単にできるお子様のための健康法です。

 

 

小児はりの術が3分、親御さんとの会話に40分なんてこともありますよ(笑)。

私も娘がいるので、子を持つ親同士話が尽きません。

【落下点、着地点、到達点】

どーも。

指宿市の僻地にある針灸治療、マッサージ、整体の施術所、西山針灸施術所のにしやまです。

 

施術者が患者様に施術するために必ずすることは「検査」です。

この「検査」をしない施術者はいないと思います。

もしいたら神様かデタラメかのどちらかですから。

 

この検査も施術者によっていろいろあります。

徒手検査法、東洋医学の四診(望診、聞診、問診、切診)など種類も内容も様々です。

 

しかし到達点は「患者様の症状の改善」ですから、検査で得られた所見が治療方針になるわけです。

症状の原因を探すために行う検査で得られた異常所見が正常に戻すことが治療です。

ですから検査がなければ治療方針が定められないのでやみくもなものになりますし、それは治療とは言えないものです。

 

検査で得られた情報から施術をしたら、その施術がうまくいったかを確認するために再評価をします。

これがなければ施術者のひとりよがりになってしまうので、必ず再評価をして患者様に術後の効果を確認してもらっています。

この再評価で症状が完全に改善できていない場合は、他に別な原因があるのか、術が充分に足りなかったかが考えられるので、そこでまた再度考えたり別な検査をして施術をします。

それからまた再評価をします。

 

割としつこい施術ですが、できるだけ症状が改善できるところまで施術をしています。

症状がなくなったときの患者様のびっくりしたあの

「あれ?!」

という顔を見ると「しめしめ」とおもいますよ(笑)。

 

もっとたくさんあのびっくり顔を見たいですね。

 

【鹿児島スキンタッチ研修会】

どーも。

指宿市の僻地にある針灸治療、マッサージ、整体の施術所、西山針灸施術所のにしやまです。

 

私は「鹿児島スキンタッチ会」という団体に所属しています。

「スキンタッチ」というのは、「小児はり」をアレンジした親御さんがお子様にご自宅で簡単にできる健康法で、赤ちゃん整体やベビーマッサージのようなものではありません。

とにかくやさしい、超軽い刺激でフェザータッチが特徴です。

その「スキンタッチ」を鹿児島で普及させようという鍼灸師の団体が鹿児島スキンタッチ会なんです。

 

日本全国にスキンタッチ会があるのですが、鹿児島は少々出遅れてここ最近発足したばかりです。

 

この鹿児島スキンタッチ会の研修会が今月31日にあります。

私も小児はりの症例発表があるので、施術の空き時間に資料を作成しています。

 

この鹿児島スキンタッチ会。

南薩からは私だけで、割合として北薩の先生方が多いのですが、みんなものすごく勉強されていて、私は研修会のたびに刺激を受けています。

今回の研修会もこの先生方とお会いできるのが楽しみだったりします(笑)。

 

今回の症例発表で発表する症例はかなりいい治療成績だったので自信をもって発表できます。

患者様は皮膚病のお子様でしたが、皮膚病だけに効果の有無が目で見て分かります。

 

親御さんもお忙しいのに池田までわざわざ来ていただいて、その甲斐あってのことなんですけどね。

 

ひさしぶりの症例発表ですが、指宿からがんばってきますよ。

 

【陰と陽と姿勢と症状】

どーも。

指宿市の僻地にある針灸治療、マッサージ、整体の施術所、西山針灸施術所のにしやまです。

 

よく「骨盤がズレる」というワードを見聞きしますよね?

骨盤が「ズレる」ってどういうことでしょうか?

正常な骨盤の位置とはどのような位置なのでしょうか?

 

「ズレる」とは正常な位置から逸脱しているという意味ですから、正常な骨盤の位置がわからないと「ズレ」の程度もわからないと思います。

 

そこで正常な骨盤の位置ですが、

・ASISとPSISが水平からほんのわずか前傾している

・左右のASIS、PSIS、坐骨結節が水平

といったことが基準です。

 

この状態から逸脱している骨盤の状態を私は骨盤が「ズレている」と判断しています。

 

骨盤の上には上半身、下には下半身がありますが、骨盤のズレは姿勢を変えてしまいます。

それはほんの少しのズレであってもです。

そしてそのズレは腰痛のみに限らず肩こりや首こりや膝痛など様々な症状を出すきっかけになります。

 

ではなぜ骨盤はズレるのでしょうか?

それは左右対称についた筋肉のバランスによります。

身体の使い方や利き側(利き足、利き腕など)などもありますし、お仕事の内容にもよるでしょう。

 

私の施術はまず骨盤の状態の検査です。

この検査で異常があれば、どのような運動器疾患の症状でもまずは骨盤を正常に戻します。

骨盤を正常に戻すといっても、瞬発的に腰をひねって音を鳴らすようなものではなくて、筋肉のバランスを左右対称にしていくものです。

それで自然と戻ります。

 

ちなみに、東洋医学では陰と陽の考えがあります。

すべての物事を陰と陽に分ける考えですが、身体でいうと

・上が陽、下が陰

・左が陽、右が陰

・背中が陽、胸腹が陰

です。

身体の健康状態でいいとされているのは陰と陽のバランスが取れた「平(へい)」という状態です。

つまりニュートラルがいいということです。

 

この骨盤のズレを「平」の状態に戻すことが重要です。

 

骨盤のみならず、各身体部位を「平」にすることで症状を改善していきます。

それは筋肉の作用上拮抗している(反対の作用をする)筋肉どうしの引っ張り合いを解消できるからです。

私の考える「いい姿勢」では筋肉の引っ張り合いがありません。

したがって症状が出ません。

そのいい姿勢とは解剖学的に「平」の状態であることです。

私の施術では患者様の身体を「平」に戻すことを目的にしています。

 

【数ある治療法の中の針灸治療】

どーも。

指宿市の僻地にある針灸治療、マッサージ、整体の施術所、西山針灸施術所のにしやまです。

 

整体、整骨、マッサージ、鍼灸、カイロプラクティック、オステオパシー、、、など世間にはいろいろな施術法があります。

私はその中で「鍼灸」を施術することを選びました。

他の施術法について術式や免許の有無などはとりあえず置いといて、ここでは「鍼灸」について書いてみますね。

 

国家資格を取ろうと思うくらい私がこの「鍼灸」に興味を持ったのはその「美しさ」なんです。

 

例えば風のない日の池の水面にひとつの小石を投げてみます。

小石は水面に落ちると同心円状に波紋を広げます。

その小石と水面の関係のようにツボひとつで身体に影響を与えることにとても高い芸術性を感じたんです。

 

私は鍼灸治療は極力無駄をそぎ落とした治療法だと思っています。

症状を消し去るために最も効果のある「ツボ」を狙いすまして施術することが鍼灸治療の醍醐味です。

 

鍼灸において「ツボ殺し」という言葉があります。

たくさんのツボを使ってしまい、かえってせっかく有しているツボの効能を殺してしまうという意味です。

やはり最小限のツボで最大限の効果を狙う。

そのほうが美しい、芸術点の高い鍼灸治療ですし、それを成せるために日々学習を積んでいます。

 

「ツボ殺し」と「殺し」というだけあって、ツボは生き物です。

教科書や参考書にはツボの位置が書かれていますが、その位置は目安であって、臨床上の実際では微妙にズレていることがほとんどです。

それを正確に見つけられる指頭感覚もなくてはならないのです。

 

「ほら、このツボへこんでるね。さわってみてごらん」

と患者様に触れさせても

「いや、なにもわからないよ」

と言われることがあります。

私にはものすごくはっきりとわかるのですが、これくらいの感覚が必要ですし、もっと感覚を養う必要があります。

 

鍼灸治療は職人仕事です。

形に残ったりするようなものづくりの職人さんとはまた違った種類ですが、学術や経験を積むことは同じだと思います。

 

現在私は、肩こりや腰痛、膝痛などのいわゆる身体の痛み(運動器疾患)は手技療法(整体術やマッサージなどの鍼灸を使わない治療)で行っておりますが、それ以外の症状は鍼灸治療で施術しています。

 

私の鍼灸治療は現代中医学がベースです。

現代中医学のロジックで体質を見極め、ツボを処方します。

そのロジックがはまって効果が出たときは、「針灸やっててよかった」と思いますね(笑)。

病みつきになります(笑)。

 

 

あ、「鍼灸」と「針灸」の違いですが、「鍼灸」は一般的な鍼灸、特に日本式の鍼灸治療で「針灸」は中国式の針灸治療と考えています。

「鍼」という字は「(邪気)を封じ込める金属の道具」という意味があるそうです。この字は中国にはありません。中国に行くと「針灸」は「針灸」です。

 

とにかくゴルゴ13バリに狙いすまして最大限の効果を出す、そのそぎ落とされた美しさが鍼灸にはあります。

この美しさは鍼灸治療において他にはないように思います。

 

【治療の要点 その2(肩こりを例に)】

どーも。

指宿市の僻地にある針灸治療、マッサージ、整体の施術所、西山針灸施術所のにしやまです。

 

前回「肩こり」についてお話をしましたが、今回は具体的な話をしてみますね。

肩こりは肩甲骨の動きが悪くなっていることが原因のひとつという話をしましたが、肩甲骨が動気が悪いとはどういう状態でしょうか。

肩甲骨はご存知の通り、背中に張り付いたようについている板状の骨です。
この骨にはまず腕がついていますね。
上腕骨がはまっています。
あと肩甲骨には鎖骨がついています。

そしてこの肩甲骨にはたくさんの筋肉が付いています。
肩甲骨から首に付いている筋肉、背骨に付いている筋肉、腕に付いている筋肉、肋骨に付いている筋肉、それらが様々な方向を向いて付いています。

これらの筋肉の中で重要な筋肉のひとつが胸にあります。
この筋肉は腕の骨に付いています。

この筋肉が縮むと腕が身体の前の方に巻かれるような形になります
すると腕がついている肩甲骨も外側へスライドしていくようになります。

そうすると肩甲骨から首に付いている筋肉や背骨に付いている筋肉などが引っ張られます。

みなさん以外と盲点なのですが、筋肉は
「縮む動き」しかしません。
筋肉が自動的に伸びることはないのです。
筋肉は伸ばされたときに縮もうとするクセがあります。

肩甲骨が外側にスライドして引っ張られた筋肉は縮もうとして緊張してきます。
これが長い間続いて「肩こり」という状態が完成します。

この肩甲骨を胸の筋肉が外側にスライドさせてしまう話はほんの一例で、この他にも肩甲骨の動きを悪くしてしまう原因はあります。

このように症状を感じるその局所が即原因ではない場合が多いのです。

【治療の要点 その1(肩こりを例に)】

どーも。

指宿市の僻地にある針灸治療、マッサージ、整体の施術所、西山針灸施術所のにしやまです。

 

当院にお越しの患者様、のみならず当院以外の施術所の患者様にも多い「肩こり」。。。

この「肩こり」の原因はいろいろありますが、肩そのものに原因がないことがほとんどです。
「肩こり」というくらいですから、肩に症状が現れてはいますが、その症状が出ている場所に原因がないことがほとんどであるという意味ですよ。

原因のひとつとして
「肩甲骨の動きが足りなくなっている」
ことがあります。

では、肩甲骨の動きを足りなくさせている原因は何か?
その原因はいくつかありますが、それを解消することで肩こりが改善されることがしばしばあります
しかも施術後すぐにまた肩こりが戻るようなことはありません。

そのためには患者様自身にご自宅でしていただく簡単なケアもお教えしています。

肩こりの原因が肩でないとすれば、「肩こりだから肩だけに鍼やマッサージ」はあまり効果が期待できないことがお分かりかと思います。

次回では具体的な肩こりの話をしていきますね。